チャンピックスで禁煙失敗する例

チャンピックスは禁煙補助剤の一つで、服用する事で少量のドーパミンを発生させて、ニコチン切れの禁断症状を抑える効果を持ちます。

チャンピックスは12週間の服用スケジュールを持つのが特徴で、薬の量も最初の3日間は0.5mgの錠剤を1日1回とし、4日目から7日目は0.5mgの錠剤を1日2回に増やし、8日目から最終の12週目までは1mgの錠剤を1日2回に増やしていくことで身体に負担をかける事なく禁煙に導いてくれます。

チャンピックスには幾つかの副作用が生じると言う事が報告されており、副作用の中でも吐き気や眠気と言うのは多くの人が自覚すると言われています。
そのため、服用するタイミングは食事の前にすること、服用した後は自動車の運転を控えるなどが必要とされています。

尚、チャンピックスは12週間の禁煙プログラムをしっかりと行うことが禁煙で成功するコツとも言われており、途中で服用をやめてしまうと再び喫煙をする習慣になってしまいます。
お酒を飲む時など、喫煙をする人はいつもよりも煙草の本数が増えるケースが多く在りますが、お酒の席などに出れば、普段我慢をしていても喫煙をしたくなってしまう事も在ります。
そのため、チャンピックスを利用して禁煙をしている間は、お酒の席に出席しない事がお勧めです。

この禁煙補助剤は、ニコチン切れの症状を軽減させてくれる作用を持ちますので、服用を止めてしまえば禁煙に失敗するケースが増えますし、喫煙をする事でニコチン依存が元の状態に戻ってしまうので、チャンピックスを服用してニコチン依存が下がっていても、再び元の状態に戻れば喫煙の習慣も戻ることになるわけです。

尚、失敗するケースの中で多いのがチャンピックスを服用しなくても禁煙出来る段階になった時で、12週間と言う禁煙プログラムを途中で止めてしまうと禁煙に失敗するケースが多くなると言います。

■早速試そう
チャンピックスで禁煙