チャンピックスで禁煙、ピロリ除菌の影響はあるか

チャンピックスは医療用の禁煙補助剤です。近年TVコマーシャル等で禁煙外来に関する啓蒙活動が行われていますが、その禁煙外来で使用する薬です。チャンピックスの有効成分バレニクリン酒石酸塩はニコチン受容体部分的作動薬と呼ばれるものです。つまりニコチンが体に作用する際に結合するニコチン受容体に結合し、ニコチンが結合できなくする、ニコチン阻害作用とともに、バレニクリンはニコチン受容体に結合することで弱めのニコチン様作用を示すのです。喫煙から得られる快楽感というのはニコチン受容体を刺激することで神経伝達物質のドパミンの放出が促されることによって起こると言われています。逆にニコチン受容体を介した作用が全くないと、イライラなどの離脱症状につながるのです。この離脱症状を軽減するためにバレニクリンはニコチン受容体に対して弱めに作用する働きを持っているのです。
近年会社によっては禁煙手当が支給されるところもあります。禁煙手当とは非喫煙者の方が給料に上乗せしてもらえる手当で、これにより医療費削減が期待できます。また禁煙手当の他にも民間保険料が非喫煙者では喫煙者より安くなったりもします。ぜひ禁煙外来でチャンピックスを用いて禁煙をしてみましょう。
またチャンピックスのピロリ除菌に与える影響に関してですが、チャンピックスの副作用で悪心、嘔吐というものがあります。これはバレニクリンのニコチン様作用によって胃酸分泌や消化管運動促進が起こり症状が出てしまいます。ピロリ除菌の際には胃内部のpHが非常に重要です。pHが高いほど除菌成功率が上がるため、PPIなどの胃酸分泌を抑える薬が基本併用されます。チャンピックスの胃酸分泌促進作用がピロリ除菌成功率を下げる可能性はあるでしょう。