チャンピックスの副作用と20日目に訪れる不安

保険適用で医師の指導のもとにタバコをやめることができるという方法が世の中に広まってきました。チャンピックスを使用することによる禁煙治療であり、多くの人に指示されて実践されるようになってきています。チャンピックスは副作用として重篤なものは知られておらず、吐き気や頭痛が比較的多くの人に見られる副作用となっています。この他にも便秘やお腹の張りを訴える人もいますが、あまり頻繁に起こる症状ではありません。また、副作用として不眠などの精神的なものが生じることも知られていますが、薬の副作用に寄るものであるのか禁煙治療による精神的負担によるものなのかははっきりとしていません。チャンピックスによる治療はタバコをおいしいと感じなくさせるということに特徴があり、ニコチン依存症とタバコを吸う習慣とから同時に脱却することができます。始めの一週間で喫煙をしながらチャンピックスを服用するということをするために、その間にタバコがおいしくないということをインプットすることができるようになります。その効果を利用して合計12週間の服用を経て禁煙を達成するというのが基本的なスケジュールとなります。大きな山となるのが20日目と言われているのがこのスケジュールによる禁煙です。20日目頃になるとタバコが吸いたいという気持ちにかられるようになったり、禁煙をこのまま続けていくことができるのかが不安になったりすることが多いからです。20日目の峠を過ぎることができると禁煙の成功率が高いことから、28日目にあたる4週目で通院をして経過観察を行われています。その経過に応じて医師による適切な指導が行われることにより、より確実に禁煙が目指せるように配慮されているのです。