チャンピックス服用と禁煙への強い意志

タバコをやめたいと強く願っても、ニコチン依存症に陥っていると自力ではやめられないことも多いです。
禁煙は意志の力でどうにかなるレベルもありますが、依存症に陥っていると、意志の力では抑えられないこともあります。
そういう場合に有効なのが、チャンピックスの服用です。
チャンピックスは、ニコチンを含まない最新の禁煙補助薬として開発されました。従来のニコチンパッチやニコチンガムは、禁煙に伴うニコチン切れの時の離脱症状を和らげるのが目的でした。そのため、タバコではなく薬のニコチンを脳のニコチン受容体に結合させて、症状を抑えていました。
これに対して、チャンピックスにはニコチンは使われていません。主成分は「バレニクリン」というもので、「ニコチン受容体パーシャルアゴニスト」という種類の薬に分類されています。
パーシャルアゴニストとは、部分作動薬という意味です。受容体を少しだけ活性化させる作用を持つのが特徴です。薬は受容体を100%活性化させるか、阻害させるか、のどちらかの作用を生じますが、パーシャルアゴニストは中程度までしか受容体を活性化させません。
ニコチン受容体を完全に阻害してしまうと、ニコチン切れによる離脱症状があらわれてしまうからです。
一方、パーシャルアゴニストでわずかにニコチン受容体を刺激すれば、ドパミンを少しだけ放出させることができます。これにより、禁煙による離脱症状や切望感を和らげることができます。
万が一禁煙中に一服してしまっても、ニコチン受容体にバレニクリンが結合しているので、ニコチン受容体が活性化されることはありません。その結果、タバコを吸っても以前のような喫煙による満足感を減らすことが可能です。
意志の力も大切ですが、自力で無理な人はチャンピックスに頼る方法もあることを覚えておきましょう。